ステレッパツ

芸能 スポーツ その他

大森南朋「どうする家康」でNHKからストップかけられた迫真の演技

 大森南朋

 俳優の大森南朋が25日、NHK「土スタ」に出演。現在、出演中の大河ドラマ「どうする家康」で、NHKからストップをかけられた迫真の“演技”を告白した。

 大森は、徳川家康松本潤)の重臣で“徳川四天王”の1人である酒井忠次を演じている。VTRで登場した松本が、最も印象に残っている2人の共演シーンとして挙げたのが、敵勢を前にビビる家康と忠次のやり取りだった。

 敵を前にすくみ上がる家康を忠次が励ますシーンで、家康が「怖いときはどうしておる?」と尋ねると、忠次は「私の場合は、妻の柔らか~い肌を思い浮かべまする。あれほど気持ちの落ち着くものはござらん」と話して、戦場とは思えないような表情を見せる。

 松本は「南朋さんが“手”で表現しようとしてて」と両手で胸を揉みしだくようなポーズを再現すると、「『日曜の8時に何をやってるんだろう』と思いながら見てました。リハではすごい動いてたんですよ」と暴露した。

 大森は「いやあ、実際もやりたかったんですけど。そこはさすがに…NHKさんなので」と小声になりながら、告白。「リハーサルでは自由にね。いろんなことを試してやれるのがリハーサルですからね。そしたら、やっぱり『やめてください』と」と、局側からストップをかけられたことを明かした。「もっとやってました。もっと激しかった」とリハーサルでの“迫真”の演技を振り返っていた。

参照元https://www.daily.co.jp/