ステレッパツ

芸能 スポーツ その他

竹野内豊『イチケイのカラス』視聴率が急落! いきなりピンチの要因は…

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

4月12日、竹野内豊が主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)第2話が放送された。視聴率を大きく下げており、ネット上では〝ダメな点〟を指摘する声が相次いでいる。

主人公は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちお(竹野内)。自由奔放で型破りなみちおが、絶対に冤罪を生むことの無いよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくストーリーだ。冗談が全く通じない堅物な裁判官・坂間千鶴(黒木華)との対照的なやり取りが描かれている。

第2話では、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件をみちおが担当することに。実はこの案件、第1審の裁判長を最高裁事務総局の事務総長の息子・隆久が務めた〝取り扱い要注意〟案件。千鶴は目をつけられたくないため、第二審も隆久が出した判決の通りで穏便に済ませようとするが、みちおは事件を調べ始める。そして、見事に瑤子の無罪を証明し、隆久が間違えていたことを突き付けるのだった。

「全然新鮮さもリアリティもない」

しかし、みちお以外の登場人物が全てド無能に描かれている同作には呆れ声が噴出。

《検察は出来損ないの設定なのか?》
《警察は手抜き 検察は出来損ない 弁護士は無能 他の裁判所の裁判官はゴミクズ みちおは神 という設定》
《主人公を引き立てるために、他のプロが全員アホ、という設定だとそこそこのドラマにしかならんよね》
《いい話にまとめようとしてるんだろうけど底が浅いというか》
《型破りの主人公が自ら現場行ってあれこれ調査し真実解き明かす! ドヤアア!!!って全然新鮮さもリアリティーもないんだよな…》

といった呆れ声が広がっている。

「冤罪を防ぐために、〝型破りな主人公〟が奔走するドラマはこれまでに何作も作られてきました。木村拓哉の『HERO』(フジテレビ系)、松本潤の『99.9』(TBS系)、吉高由里子の『正義のセ』(日本テレビ系)などあげだしたらキリがない。そして裁判物は人気のジャンルだけあって、『イチケイのカラス』は初回の世帯平均視聴率が13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好スタートを切りましたが、第2話では10.5%と大幅下落。競合が多いだけあって、粗が見つかるとすぐに視聴者が離れてしまうのかもしれません」(芸能記者

なんとか二桁をキープしたいところだが…。

 

 

“歴史を変えたアニメ”に『プペル』登場! アニメファン猛反発「露骨なゴリ押し」

“歴史を変えたアニメ”に『プペル』登場! アニメファン猛反発「露骨なゴリ押し」

4月13日放送の『林修今でしょ!講座』(テレビ朝日系)では、「日本のアニメの歴史を変えた! スゴいアニメ14」を特集。その中に『映画 えんとつ町のプペル』が入っており、視聴者からは反発の声があがっている。

今回番組では人気アニメに携わる76人のクリエイターに取材をして、「歴史を変えたアニメ」をピックアップ。『エヴァンゲリオン』シリーズや『ガンダム』シリーズなど、絶大な人気を博したアニメが数多く取り上げられていた。そんな中でCGを評価されたのが、『キングコング西野亮廣が製作総指揮を務めた「えんとつ町のプペル」。同作はキャラクターを全編3DCGで描いており、中でも〝ゴミ人間〟の感情を表現する技術が評価されているという。

確かに〝ゴミ人間〟はゴミを寄せ集めて作られたキャラクターなのだが、何故か喜怒哀楽がしっかり伝わるアニメーションだった。3Dアニメーターの高い技術と表現力の賜物であることは間違いないが、ネット上では、

《歴史を変えたアニメにプペルが入るのはおかしい》
《ここまで露骨なゴリ押しはいっそすがすがしい》
《変えたのは集金スタイルだろ》
《『AKIRA』も『ハルヒ』も入ってないのになんでプペル?》
《本当にプペルをプロが選んだのか?》
《『プペル』だけ浮きすぎだろ。誰か止めなかったのか?》

といった声が寄せられている。

“アニメーション”自体に罪はない!

「『えんとつ町のプペル』は作品の内容以前に、〝製作総指揮・西野亮廣〟というだけでアニメファンから冷ややかな目で見られている印象です。それに加えてステマ疑惑なども浮上し、西野が運営する会員制コミュニケーションサロンも《胡散臭い》と話題に。また熱狂的なファンが同映画を何度も観賞し、見た回数を『○○プペ』などと表現していることも、胡散臭さに拍車をかけているようです。西野のファンでもない人が純粋に作品を楽しむのは難しいでしょう」(芸能記者

さまざまな悪評のある「えんとつ町のプペル」だが、脚本や原作はともかく、〝アニメーション〟は正当に評価されてしかるべきだろう。同作のアニメーション制作を務めたのは、『鉄コン筋クリート』などでお馴染みのクリエイティブ集団『STUDIO4℃』。その映像技術は国内外で広く評価されており、「えんとつ町のプペル」のアニメーションも、3DCGでありながら絵本のような温かみのある映像となっていた。

ただ〝歴史を変えたアニメ〟とまで言われると、さすがに疑問を抱かずにはいられない。それこそ「鉄コン筋クリート」の方が、ずっと後世のアニメーションに影響を与えていそうだ。

 

 

松本潤のものすごい影響力!ドラマで着けた腕時計が一気に品薄に

松本潤
松本潤

 

 有名人はトレンドを生む。人気のジャニーズタレントとなれば、なおさらだ。

 木村拓哉はそのトップランナーで“ヒットメーカー”とさえ呼ばれた。主演ドラマがすべて高視聴率となった20代から、50代に差しかかろうとする今なお、ドラマで身に付けたファッションアイテムが爆発的に売れる。

 ジャニーズ事務所の後輩で、それを受け継いでいるのは嵐の松本潤だ。グループのファッションリーダーで、ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-SEASONⅠ」(TBS系)では、ある商品をバズらせている。

「弁護士役とあって、ほぼスーツ姿。手元がアップになるシーンが多かったので、着けていた腕時計が話題になりました。すぐにネットの“特定班”が調査を始め、すぐに『VAGUE WATCH』であることが判明しました。2万5千円程度のお手頃価格とあって、たちまち大ヒット。放送期間のおよそ3カ月間は品薄状態が続きました」(アイドル誌ライター)

 松本は、プライベートでも有名人に腕時計で影響を与えていた。俳優の小澤征悦だ。

「マツジュンとは芝居の共演こそないものの、通っている店が偶然にも同じ。酒を飲む仲になりました。小澤は元々、大の腕時計好き。

マツジュンが着けているのを見てひとめぼれし、調べて似た腕時計を購入したそうです」(前出・アイドル誌ライター)

 松本は37歳で、小澤は46歳。役者論になると互いに熱くなり、「いや、それは違う!」と言い合いなる。たいがい、小澤が言い負かされるという。

 松本は、TOKIO長瀬智也の影響で腕時計に興味を持つようになった。松岡昌宏がかつて「なんでそんなに時計が好きなの?」と聞いたとき、「長瀬くんっすよ」と返ってきたという。城島茂は「2人が会うと腕時計の話をしているイメージがある」と言う。

 ジャニーズきってのおしゃれ番長である松本。師匠は長瀬で、”弟子”が世界のオザワ。囲む人間も一流ばかりだ。

 

 

 

 参照元https://dailynewsonline.jp/

コロナ禍でより必要になってしまったアイドルグループメンバーたちの心のケア

画像はイメージです
画像はイメージです

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ・STU48の最新シングルでセンターを務めた石田千穂(広島県出身)が活動休止することが5日、グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトでは「STU48 石田千穂より活動休止の申し入れを受理しましたことを皆様にご報告致します。ブログ・プライベートメール・SHOWROOMなどにおきましてもお休みをさせて頂きます」と報告。

 石田本人のコメントも掲載され、「ご迷惑、ご心配をおかけして本当に申し訳ありません」と謝罪。活動休止の理由について詳細は明かしていないが、「今は心身ともに自分をしっかり休ませて、また皆さんの前で、元気いっぱいな姿をお見せできるように、この期間ゆっくり過ごしたいと思います」としている。

 「石田は幼少期よりモデル活動をしており、将来はアイドル志望。17年にオーディションで合格してSTU入りし、直近で最後の開催となった18年のAKB48グループ総選挙では99位にランクインし、将来のセンター候補として期待され、2月に発売されたSTU6枚目シングル『独り言で語るくらいなら』で初のセンターを務めていたが、突然の活動休止発表だったようだ」(芸能記者)

 ​ジャニーズ退所の元キンプリ岩橋、パニック障害を患いアイドルを続けるのはほぼ不可能?​​​

 もともと、専用の船上劇場での公演を行っていたSTUだが、コロナの影響もあり、船上劇場が21年春を目途に閉鎖となることが発表された。

 今年1月15日には日本武道館公演を開催。コロナ禍でも徐々に公演を増やしていたのだが…。

 「石田はグループにいて、自分自身先行きが不安になってしまったのでは。コロナが長引けば長引くほど、そんな不安を抱えるアイドルグループのメンバーも増えるはずで、各芸能事務所はしっかり心のケアもこなさないと、どんどん活動休止や脱退を決断するメンバーが増えてしまいそうだ」(音楽業界関係者)

 アイドルたちにとっての“冬の時代”がしばらく続きそうだ。

 

 

コロナ禍でより必要になってしまったアイドルグループメンバーたちの心のケア

画像はイメージです
画像はイメージです

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ・STU48の最新シングルでセンターを務めた石田千穂(広島県出身)が活動休止することが5日、グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトでは「STU48 石田千穂より活動休止の申し入れを受理しましたことを皆様にご報告致します。ブログ・プライベートメール・SHOWROOMなどにおきましてもお休みをさせて頂きます」と報告。

 石田本人のコメントも掲載され、「ご迷惑、ご心配をおかけして本当に申し訳ありません」と謝罪。活動休止の理由について詳細は明かしていないが、「今は心身ともに自分をしっかり休ませて、また皆さんの前で、元気いっぱいな姿をお見せできるように、この期間ゆっくり過ごしたいと思います」としている。

 「石田は幼少期よりモデル活動をしており、将来はアイドル志望。17年にオーディションで合格してSTU入りし、直近で最後の開催となった18年のAKB48グループ総選挙では99位にランクインし、将来のセンター候補として期待され、2月に発売されたSTU6枚目シングル『独り言で語るくらいなら』で初のセンターを務めていたが、突然の活動休止発表だったようだ」(芸能記者)

 ​ジャニーズ退所の元キンプリ岩橋、パニック障害を患いアイドルを続けるのはほぼ不可能?​​​

 もともと、専用の船上劇場での公演を行っていたSTUだが、コロナの影響もあり、船上劇場が21年春を目途に閉鎖となることが発表された。

 今年1月15日には日本武道館公演を開催。コロナ禍でも徐々に公演を増やしていたのだが…。

 「石田はグループにいて、自分自身先行きが不安になってしまったのでは。コロナが長引けば長引くほど、そんな不安を抱えるアイドルグループのメンバーも増えるはずで、各芸能事務所はしっかり心のケアもこなさないと、どんどん活動休止や脱退を決断するメンバーが増えてしまいそうだ」(音楽業界関係者)

 アイドルたちにとっての“冬の時代”がしばらく続きそうだ。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

 

 

ロンブー田村淳“聖火ランナー”当日に現地を観光! そのタイミングに賛否

ロンブー田村淳“聖火ランナー”当日に現地を観光! そのタイミングに賛否

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が4月5日、自身のツイッターを更新し、愛知県犬山市に訪れたことを報告。この投稿に、ネット上では猛批判が起きている。

淳は、《本日犬山市聖火ランナーで走る予定でしたが…とある事情からランナーを辞退したので、違う形で犬山市を応援したいと思い、朝7時から人が密にならないように犬山城木曾川の遊覧船をYouTubeロケで観光してきました!》などとツイート。犬山市山田拓郎市長、犬山城第12代城主・成瀬正俊の長女である成瀬淳子さんとの3ショットを公開した。

本日犬山市聖火ランナーで走る予定でしたが…とある事情からランナーを辞退したので、違う形で犬山市を応援したいと思い、朝7時から人が密にならないように犬山城木曾川の遊覧船をYouTubeロケで観光してきました!この様子は後日ロンブーチャンネルにて!成瀬淳子さん、山田市長、後藤さんに感謝 pic.twitter.com/GvQtk9TuoZ

— 田村淳 (@atsushilonboo) April 5, 2021

https://platform.twitter.com/widgets.js

この投稿にフォロワーからは、

《わざわざ犬山市に来てくれてありがとうございます! 動画楽しみにしてます》
《なんて真摯な対応。淳さんはやはり素敵すぎる人だ 朝からほっこりするツイートありがとうございます》
《犬山を応援したい、との純粋な気持ちに心を動かされます》
《淳さんほんと素敵です! 感染対策を踏まえた違う形での支援、犬山市の皆さんは嬉しいでしようね》
《今回は残念でしたが、犬山愛を感じました。一般の方と違って、芸能人は影響力が大きいです。

早くコロナが落ち着いて日常の生活ができる日を願っています》

などと感謝の声があがっていた。

田村淳の行動に批判の声も…

「一部ファンからは犬山市のことを思い、PRロケを行った淳に称賛の声があがっています。しかし、新型コロナを理由に聖火ランナーを辞退したにもかかわらず、現地を観光訪問しているのですから、淳の本意がわからなくなった人も多かったのではないでしょうか」(週刊誌記者)

淳の行動に、ネット上では

《リレー辞退するのは勝手だけど、リレー当日に来るのダサいわ。「辞退したけど当日に来てました」で、誰が得するの?》
《貴方の始めた五輪ボイコットに、芸能界の皆さんついてきてるんだから、今更自分だけいい顔するのはまずいと思いますよ?》
《リレー当日ではなく、別の日に何か違った形で盛り上げたほうが良かったんじゃないかな》
聖火リレーを自分のパフォーマンスに使いたいだけだったんだろう。本来は、オリンピックやスポーツをリスペクトしていて、損得なしに名誉のために走りたい人だけがやるべき》
《ちがう形で犬山市を応援するならば、今じゃないほうが良かったと思います。聖火リレーを辞退した理由と応援する時期が噛み合っていない》

などと、非難轟々だ。さらに淳は、応援のタイミングを指摘したフォロワーを、ブロックしていたことも判明している。

どんな形であれ、犬山市を思う気持ちは本物ということだろう。しかし、リレー当日に現地を訪れるのは賛否を呼んでもしかたないようにも思える。

 

トリンドル玲奈が“夫婦別姓”に言及! ひそかに明かした願望に共感の声

モデルでタレントのトリンドル玲奈が4月8日、朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。夫婦別姓問題について自身の思いを明かし、視聴者から共感の声が寄せられている。

この日の番組では、夫婦別姓問題についての議論が本格化していることを取り上げ、トリンドルにコメントを求めた。彼女は、「『トリンドル』っていう変わった名字なので、出来るだけ早く普通の名字になりたいっていう願望がありまして…。下の名前が『玲奈』で普通なので、田中玲奈とか、山田玲奈とか普通になれる。それが私は楽しみ」などと、珍しい名字ならではの願望を明かした。

さらに将来結婚したときは、「旦那さんの名字になれるっていう、ちょっとした喜びが個人的にはあって。でも、選択できるのはいいなと思います。違う状況の方もいらっしゃると思うので、選べるのがいちばんいいと個人的には思います」と、夫婦別姓に賛成の姿勢を見せた。

トリンドル玲奈は“本名”を気にしてる?

この発言に、視聴者からは

《自分が「これがいい」と思うものを選べる。同姓が良いと思う人は同姓を選べばいいし、別姓が良いと言う人は別姓を選ぶ。トリンドルさんの意見に賛成です》
《トリンドルとか変わった名字だと、田中とか山田に憧れるんだな。人それぞれ面白いな~》
《純日本人としては、逆にトリンドルという名字に憧れるけどね。それぞれが自由に選べるのが一番だと思う》
《名字問題ってネタにできる人もいるけど、本気で悩む人もいるんだよね。トリンドルもそのうちの1人だったのかな》

などと、同意する声が寄せられている。

「トリンドルの母親の旧姓は、全国でも数十人しかいない〝肉丸〟という大変珍しい名字です。トリンドルは昨年2月に『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、トリンドルという名前が相手に伝わりづらいことから、母親の旧姓の肉丸を使おうとしたと告白。しかし、結局は『いや、肉丸もトリンドルもちょっと…(どちらかを選ぶなら)もう、トリンドルのほうがマシかな~って思って』と、現在の名前に落ち着いたことを明かしています。このエピソードから、普通の名字に憧れを抱いているのではないでしょうか」(芸能記者

もし、トリンドルの名前が〝肉丸玲奈〟だったら、現在のイメージとはかなりかけ離れたものになっていただろう。もっともハーフタレントとして人気になったトリンドルとしては、無難な選択だったのではないだろうか。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/