ステレッパツ

芸能 スポーツ その他

浜辺美波に初の交際報道! ファンがガッカリしたポイントとは?

浜辺美波に初の交際報道! ファンがガッカリしたポイントとは?

 女優・浜辺美波が男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のRyugaと“合鍵交際”を続けていると、9月22日発売の「週刊文春」が報じた。

 記事によれば、浜辺はプライベートで親しい男性ユーチューバー・じんじんの紹介で、およそ1年半前にRyugaと知り合うと、互いのマンションを行き来するほどの親密交際に発展したという。今年6月には、浜辺の愛犬「ぽぷちゃん」を連れたRyugaが浜辺の自宅マンションを訪れたとし、同誌は2人が合鍵を共有しているとも説明。また、直撃取材を受けたRyugaは「僕の口からは話せない」とし、浜辺は「(お付き合いは)してないですよぉ」と返している。

 超が付くほどの人気女優による初の熱愛スキャンダルとあって、ネットでは様々な反響が飛び交うこととなった。

「浜辺の所属事務所は、彼女のスキャンダルを未然に防ぐべく、同じマンションの別部屋に女性社員を住まわせ、浜辺のプライベートを“徹底管理”しているとも報じられていました。文春記事では、浜辺が仕事で家を空ける際、Ryugaに犬の世話を頼んでいたと綴られ、浜辺も『ワンちゃんを2人とも飼ってるから、一緒に手伝ってもらったりしてるだけですよ』と答えていますが、同じマンションにスタッフが同居しているにもかかわらず、わざわざRyugaに世話を頼むというのは、それ以上の何かがあると考えてしまいます。

 また、今回の報道では、浜辺のお相手がRyugaだった点に関し、『若手イケメン俳優とかであってほしかった』『どこかの有名俳優とか社長なんかがお相手かと思ったら意外。男のほうは知名度も上がってメリットしかないけど、浜辺美波にとっては微妙』『事務所が大事に育てたのに安いイメージ付いちゃったね』『横浜流星なら血の涙を流しながら祝福するのに』『少しイメージダウンしちゃった』などと残念がる声があり、両者の知名度の差が気になるファンも多いようです」(テレビ誌ライター)

 2人にとっては余計なお世話だろうが、8月29日に21歳になったばかりの浜辺は、事務所のホープとして働き盛りの日々で、10月には初の水着写真集の発売も控えている。“アイドル女優”のようなポジションに位置し、男性ファンも多いことから、事務所にとっては、今回の交際報道は痛恨事となってしまったかもしれない。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

田中圭、“理想の夫”論を語るもツッコミの嵐「泥酔の件はどうなった?」

田中圭、“理想の夫”論を語るもツッコミの嵐「泥酔の件はどうなった?」

 現在公開中の映画「総理の夫」で女性総理大臣の夫・日和役を演じている田中圭が、9月14日発売の「女性自身」で自身の思う「理想の夫像」を語った。

 同誌で田中は「人それぞれ、理想という概念は違ってくると思うので、奥さまや家族が求める形でいいのではないかと思います」とそれぞれに異なる夫像があると持論を展開。さらに自身については「自分が理想の夫かどうかはわかりませんが、お互いに歩み寄ったり、すり寄ったりしながらいい関係を作っていけばいいのかな、と。僕が気をつけているのは、何でも話せる関係であること。お互いに忙しくても、相手の話をちゃんと聞けることが大事なのかな、と思います。実際に、それができているかどうかはわからないですが(笑)」と語った。

 しかし、ネットでは田中の意見について《あなた自身の素行に気をつけましょう!》《泥酔しない旦那さんが最高だと思います》《家に帰れてるのかな。ここまで忙しいと、奥様はワンオペだと思う》などツッコミが殺到した。

「田中はここ1~2年、タクシーで泥酔して通報されたり、仕事現場に二日酔いで現れたりなど、酒にまつわるトラブルを報じられることが多くなっており、さわやかなイメージとは裏腹に素行不良の一面をのぞかせています。さらに昨年から今年に出演したドラマは7本、映画に至ってはこれから公開されるものも含めて8本と、超多忙であることは間違いなく、以前から家に帰れているのかを心配するの声も少なからずありました。そんな状況で“理想の夫”論を語っているのですから、ツッコミが殺到するのは仕方がないかもしれません」(芸能記者

 田中の“理想の夫”への第一歩は、家に帰る時間を確保することからなのかもしれない。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

相葉雅紀が音楽活動で新ユニット結成!?嵐ファンざわざわ

相葉雅紀が音楽活動で新ユニット結成!?嵐ファンざわざわ

 嵐がグループ活動休止してはや9カ月余。各メンバーの個人活動は順調そのもの。中でもモテモテなのが、相葉雅紀だ。テレビレギュラーは「相葉マナブ」(テレビ朝日系)、「I LOVE みんなのどうぶつ園」(日本テレビ系)、「VS魂」(フジテレビ系)の3本。ほかに単発の仕事が次々舞い込み、10月22日からは3年ぶりの連続ドラマ「和田家の男たち」(テレビ朝日系)の主役をゲット。久々の役者業でいっそうスケジュールがタイトになっている。 7~9月にかけては「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送」スペシャルナビゲーターに就任、嵐・櫻井翔と熱戦の模様を伝えた。9月20日には「はじめまして!一番遠い親戚さん」(日本テレビ系)でMCを務め、10月6日には、「2021FNS歌謡祭 秋 ~もう一度観たい名曲・名演~」(フジテレビ系)で司会を務める。

「嵐が活動休止しても、相葉らメンバーがジャニーズ事務所の屋台骨であることは変わらず、先輩後輩の相次ぐ退所やコロナ禍での売り上げ激減を補填すべく馬車馬のごとく働いています。相葉はネアカな天然キャラを生かしてのMC業が好評。『親戚さん』は最高視聴率14.6%を叩き出すなど、期待以上の結果を出したことで4度目の登板となりました。視聴率低迷中のフジテレビは、年2回放送の『FNS歌謡祭』を秋に初編成、ヒットを狙っています。相葉のMCは6回目で、欠かせない番組の顔となっている」(芸能ライター)

 そんな多忙な相葉にとってひときわ思い入れのあるのが、ラジオ番組「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」(文化放送)だ。10月に放送20周年を迎えることから、記念イベント開催を発表し、ファンがざわついている。嵐が歌った曲「カイト」を、相葉が3人の新ユニット「フィナンシェ」を結成して楽器演奏するというのだ。

「言い出しっぺは番組共演者で放送作家の近澤浩和氏(通称チカさん)。9月4日放送で『カイト』の演奏を提案。相葉のアルトリコーダー、チカさんのソプラノリコーダー、アシスタントのネッチのピアニカ担当が決定。翌週、ひと足先に練習を始めたチカさんが『人生でこんなにシャープの入った曲見たことない』と愚痴って、早くも頓挫したことを告白。相葉は思いもよらぬ展開に『マジか!?そんなに難しいんだ!』とパニックに。音楽活動再開だというのに、忙しさで楽譜も楽器も未購入、練習も手つかず。特番放送収録にドラマの台詞覚え、レギュラー番組の地方ロケと仕事は目白押し。いくら時間があっても足りない状態で、3人そろっての練習など叶うはずもありません。当日のぶっつけ本番は間違いなさそうです」(テレビ雑誌記者)

 YouTubeではリコーダーで軽々と弾きこなす小学生の動画がアップされ、難しい楽曲ではなさそう。練習不足のせいで久々の音楽活動にミソをつけてしまわなければいいのだが。ファンのハラハラは止まらない。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

SMAP解散がプラスとなった? 俳優として大きく成長できたキムタク

画像はイメージです
画像はイメージです

 俳優の木村拓哉が23日、都内で行われた主演映画「マスカレード・ナイト」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席したことを、各スポーツ紙などが報じた。

 各紙などによると、公開7日目を迎え、今年公開の邦画実写作品では、最速で観客動員100万人を突破。興行収入も13.5億円を記録。

 ​『ホンマでっか!?TV』では学生服姿も披露 キムタク、主演ドラマの連ドラ化が実現しなかったワケ​​​

 木村は「劇場の椅子全てに座れる状況ではない中で、たくさんの方が見て下さって本当にうれしい」と感慨深げ。ともに出席した長澤まさみも「実感が湧かない数字ですけど、友達からもたくさん連絡もらったりして」とほおを緩めたという。

 「同じシリーズの前作『マスカレード・ホテル』も公開7日目で100万人を突破。とはいえ、今作はコロナ禍で観客動員が制限されている中での好調な動員。平時であれば、とっくに前作の数字を超えていただろう」(映画業界関係者)

 9月18日にはフジテレビ系で『マスカレード・ホテル』が放送されたが、テレビでは2度目の放送にもかかわらず、昨年1月の放送時を上回る世帯平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。視聴者の関心が高いことをうかがわせた。

 とはいえ、同シリーズのおかげもあって、木村は俳優としてすっかり〝復権〟できたという。

 「16年にSMAPが解散したが、世間やメディアからはすっかり〝戦犯〟扱いされイメージダウン。解散翌年の17年に公開された主演映画『無限の住人』はコケてしまった。あれにはキムタクも相当ショックを受けていた」(同)

 そして、今作では前作よりも番宣の体制を強化、フジの製作にもかかわらず、他局でもアピールしたどころか、地方局の番組にも出演するなど、PRに奔走したのだ。

 「SMAPという冠にあぐらをかいていた時期ならば、絶対にやらなかったようなPR。俳優として独り立ちしたいという自覚が強烈に芽生え、『なんでもやる!』ぐらいの覚悟。おかげで俳優として大きく成長を遂げただけに、SMAP解散はプラスになったようだ」(芸能記者)

 映画がどこまで数字を伸ばすかが注目される。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

内村光良、乃木坂46高山一実への「粋な計らい」にファンが感動

内村光良乃木坂46高山一実への「粋な計らい」にファンが感動

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャン内村光良が9月17日に放送された自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「内村光良オールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。グループからの卒業を発表している乃木坂46高山一実のソロ歌唱曲「私の色」をラジオ内で流し、乃木坂ファンの間で話題となっている。

 内村は「最近、あれを見て面白かったんだよな。乃木坂さんの『乃木坂工事中』。あのバナナマンとやってる番組があるんですよ」と、乃木坂の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)を視聴していることを報告。続けて、「高山一実さんがめっちゃ面白かったんだよね。大縄跳びをする回で全然飛べないの。あれが面白くてね。ほかにも、高山一実さんが滑舌が悪いからそれを矯正するっていう回も面白くて。ハマって、しばらく見てましたね」と、高山のバラエティ能力を絶賛した。

 さらに、その高山が卒業することにも触れたうえで、高山初のソロ曲「私の色」をラジオ内でオンエア。これがSNS上で話題となり、高山もトークライブアプリ「755」にて、「内村さんが『私の色』を流してくださった。うれしいです‥‥あぁ」と反応し、喜びに浸っている。

 内村の粋な計らいには高山だけが感動しているのではなく、乃木坂ファンからも「やっぱり、ウッチャンはええヤツやな」「内村さんが『乃木坂工事中』を見ているのは本当に嬉しい」「欅坂にしか関心がないのかなって思ってたけど、乃木坂にもしっかりハマってたのね」と、歓喜の声が上がっている。

「高山が大縄跳びに連続で失敗したのは昨年10月放送回。一方、滑舌の矯正に試みたのは18年3月放送回ですから、過去放送を順に見返しているとすれば、かなりの数の過去回を見ていることがわかりますから、ライトなファンよりもずっと乃木坂に詳しいかもしれませんね。

 また、内村は2017年の『NHK紅白歌合戦』で欅坂46(現在は櫻坂46)と、2019年には乃木坂46とコラボしてパフォーマンスをするなど、坂道ファンの好感度は非常に高いです。今回のラジオで高山のソロ曲を流したことでさらに好感度は上昇しましたから、もし今年も内村が紅白で総合司会を務めるものならば、乃木坂ファンは今回もコラボを期待するのではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 内村は高山だけでなく、そのファンの心もがっちりつかんだようだ。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

芹那、ボリューム増の色白美ヒップ披露!“肉体改造”で気合十分の事情とは

芹那、ボリューム増の色白美ヒップ披露!“肉体改造”で気合十分の事情とは

 今年2月に“肉体改造”を宣言していた元SDN48でタレントの芹那が、9月20日、自身のインスタグラムでついにニューボディを解禁した。

〈写真集に向けて10年前とは全然違う姿をお見せしたく とにかく体作りのことばかり考えました〉といったコメントともに投稿した写真は、緑の木々を背景に野外で撮られたカットで、奇抜なデザインの黒の肌着のような衣装を着用していた。

「背中を向けて、何かにまたがるようなポーズを見せた芹那は、バストとヒップのボリュームアップに力を入れたそうです。実際、白い美ヒップは実に張りのよさそうな立体的なフォルムで、トレーニングの成果は一目瞭然ですね」(芸能ライター)

 10月22日に10年ぶりの写真集の発売が決まっているそうで、早くも期待は高まるばかり。芹那自身も気合十分なようだが、そのワケはリベンジの意味合いも含まれているようだ。

「12年に出版されたファースト水着写真集『しるし』はSDN48の卒業直前に発売されたのですが、高評価と低評価が真っ二つ。〈買って正解でしたね!〉〈最高の一冊〉と評価される一方、〈水着はあるものの別に色っぽいわけでもなく、なんら普通〉であったり、”もう少し肌見せが多くないとね”といった意味のという厳しいコメントも散見されたのです」(前出・芸能ライター)

 美ボディ先取りのインスタのカットを見る限り、すでに肌見せ度増で艶っぽさもクリアしているだけに、今回はファン納得の写真集になるのではないだろうか。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

新木優子、自撮りのオフショットにネット歓喜「可愛いすぎて草」

インスタグラム:新木優子(@yuuuuukko_)より
インスタグラム:新木優子(@yuuuuukko_)より

 女優の新木優子(27)が20日、自身のインスタグラムを更新。投稿した写真が話題となっている。

 新木といえば先日、「明日は二人で #ボク恋 電波ジャックです!」などとつづり、『ボクの殺意が恋をした』で共演していた俳優の中川大志(23)とのツーショットを公開したところ、床に三角座りしている微笑ましい2人の姿に、インスタグラム上には「かわいい大好き2人とも」「かわいくてにやけた」「2人ともお顔が小さい」などの絶賛の声が寄せられ注目を集めていたばかり。

 そんな新木、今回の投稿には「@nonno_magazine 11月号発売です‼︎皆様ぜひチェックして下さいね 表紙は可愛い堀田真由ちゃん 写真は先月号のオフショット」などとつづり、顔がよく見えるアップのオフショットを複数枚公開した。

 この投稿に対しインスタグラム上には「可愛すぎる破壊力」「綺麗すぎます!尊敬しています!」「いつもいい笑顔で可愛いですー」「可愛いすぎて草」などの絶賛コメントが多く寄せられている。

 全て新木の自撮りとなっている貴重なショット公開にファンも大興奮の様子であった。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/