ステレッパツ

芸能 スポーツ その他

“高岸フィーバー”チーム最多の観客5021人 ファン「地区優勝へ導いて」

 ファンに手を振るティモンディ・高岸宏行(撮影・佐々木彰尚)

 ファンに手を振るティモンディ・高岸宏行(撮影・佐々木彰尚)

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団したティモンディの高岸宏行(29)が14日、栃木県総合運動公園野球場で行われた埼玉武蔵ヒートベアーズ戦で初登板初先発を果たした。2回3安打5四球3失点のホロ苦デビューとなったが「野球も楽しめて、ファンの皆さんとの交流も楽しめて最高でした」と満足げ。芸人と野球選手の“二刀流”を実現させ、地元ファンに「やればできる!」を見せつけた。

 この日は今季チーム最多の観客5021人が来場。「やればできる!夢への再出発」と書かれた横断幕が張られ、背番号16のユニホーム姿で応援する人も多く、球場は“高岸フィーバー”に染まった。試合後、ハイタッチ会がアナウンスされると観客が一斉に移動。疲れているはずの高岸だが、一人一人と笑顔で顔を合わせ1時間近くハイタッチを行った。埼玉県在住の30代女性は「これから経験を積んでチームを地区優勝へ導いてほしい」と期待を込めた。

 

 入団記念で販売された高岸宏行のタオル(撮影・佐々木彰尚)
 入団記念で販売された高岸宏行のタオル(撮影・佐々木彰尚)

参照元https://www.daily.co.jp/

「鎌倉殿」北条泰時「一幡様は行方知れず」に目泳ぐ ネット解釈割れ「泰時かくまってる」説も

 鎌倉御所・執務室にて。頼家(金子大地)の嫡男で、比企の血をひく一幡をひざに抱いたまま鎌倉殿の跡継ぎについて話し合う比企能員(佐藤二朗)=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回から

 鎌倉御所・執務室にて。頼家(金子大地)の嫡男で、比企の血をひく一幡をひざに抱いたまま鎌倉殿の跡継ぎについて話し合う比企能員佐藤二朗)=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回から
 

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は14日、第31回「諦めの悪い男」が放送された。病に倒れた源頼家(金子大地)の後継をめぐり、北条家と比企家が存亡をかけた全面戦争に突入。北条が比企館に攻め入り、比企が後継に立てる頼家の長男で、比企の血が流れる5歳の一幡(相澤壮太)の前に、暗殺下人の善児(梶原善)が立ちはだかった。

 善児が指揮する北条嫡男泰時(坂口健太郎)を見て指示を仰いだが、そこで場面が変わり、北条義時小栗旬)が終戦の報告を受けるシーンとなった。

 一幡の祖母にあたる北条政子小池栄子)が「一幡は無事なのですね」と問いただすと、義時は「生きていると分かれば担ぎ上げようとする輩が現れないとも限らない。いまは行方知れずということにしてあります」と伝えたが…。

 事前に義時は泰時に「太郎、戦になったら真っ先に一幡さまを殺せ。生きていれば必ず災いの種となる。頼朝様ならそうされていた」と命じていた。

 その後、後継を決める場で、義時の「行方知れず」の言葉に、泰時は視線を泳がせ、微妙な表情を浮かべた。

 北条のため冷酷になる義時をとがめていた北条の良心、泰時。

 ネット上では解釈が分かれ、「一幡こんなに小さいのに…気の毒に」「泰時の目で一幡がどうなったか確信を得るのきっついな」「マジか父上…って顔で聞いている泰時」ととらえる投稿の一方で、「あれは殺せなかったんじゃないか」「本当に一幡を行方知れずにしただけだったらファインプレー」「これ一幡多分生きてそう」「泰時が匿って生きている可能性が」と見る意見も投稿されている。

 

 鎌倉御所にて。政子(小池栄子)に険しい顔である報告をする義時=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回から
 鎌倉御所にて。政子(小池栄子)に険しい顔である報告をする義時=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回から

参照元https://www.daily.co.jp/

セクゾ横アリ最終日 佐藤&マリウス欠場も「頑張っていきま勝利、頑張っていきマリウス」

 開演前に円陣を組むSexy Zoneの(左から)菊池風磨、松島聡、中島健人

 開演前に円陣を組むSexy Zoneの(左から)菊池風磨松島聡中島健人

 Sexy Zoneが14日、初のサマーツアーの横浜アリーナ公演最終日を迎えた。新型コロナウイルスに感染した佐藤勝利(25)と体調不良で活動休止中のマリウス葉(22)が欠場し、メンバー3人でのステージとなったが、3人は5人分の感慨に浸った。

 11日に佐藤の新型コロナ感染が判明し、この日は3人でのパフォーマンスとなった。オープニングで中島健人(28)が「勝利君がコロナになり、ライブを続行するか話し合いましたが、“Show must go on”の精神で公演を行うことを決心しました」とあいさつ。菊池風磨(27)は「休止中のマリウスの思いも乗せて、5人でパフォーマンスします」と誓い、3人で「頑張っていきま勝利、頑張っていきマリウス!」と円陣を組んだ。

 

参照元https://www.daily.co.jp/

月曜カンテレ枠ドラマに豪華キャストを起用できる理由 次期は主役級3人がメインに

長澤まさみ
長澤まさみ

 女優の長澤まさみが、10月期のフジテレビ系連続ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」に主演することを先頃、各メディアが報じた。

 長澤演じるスキャンダルで落ち目となったアナウンサーが、眞栄田郷敦演じる若手ディレクター、鈴木亮平演じる2人の相談に乗る報道局のエース記者らと共に、死刑が確定した連続殺人事件の真相に迫る社会派エンターテインメント。

 NHK連続テレビ小説カーネーション」の渡辺あや氏が、初めて民放の連ドラ脚本を担当。実在した複数の事件から着想を得て制作するという。

 ​橋本マナミ「ディープキスが普通だと」ドラマのキスシーンで勘違い、毎回舌を入れていたと暴露​​​

 「主演映画シリーズ『コンフィデンスマンJP』などがヒットした長澤、若手の注目株である眞栄田、NHKの大河ドラマ『西郷どん』で主演を務めた鈴木の3人を同じ作品でキャスティングするのは至難の業だったはず。かなりの制作費をかけているはずだし、社会性もある作品とあって期待されている。放送される月曜午後10時は関西テレビ(カンテレ)の制作枠。フジの本体制作のドラマはこのところ振るわないので、フジの上層部も期待しているはず」(テレビ誌記者) 

 カンテレ制作ドラマ枠は25年近くにわたり、火曜日に午後10時や9時枠で放送してきたが、昨年10月の改編で同時間帯のバラエティー枠と火曜午後9時枠のドラマ枠を入れ替えて枠交換することになり、1996年3月以来25年半ぶりに月曜午後10時のドラマ枠として復活を果たした。

 その第1弾は綾野剛主演の「アバランチ」、その後、浜辺美波主演の「ドクターホワイト」、広瀬アリス主演の「恋なんて、本気でやってどうするの?」、そして現在は波瑠主演の「魔法のリノベ」を放送中。

 いずれも映画やドラマの主演クラスで実績があるが、なぜ、ここまで豪華キャストを起用できるのが気になるところだ。

 「もともと、カンテレは社員平均月給が高く経営が安定している。スポンサー収入も安定しているので、まとまった制作費も確保できる。それに、まだ作品が少なく、視聴率をそこまで気にしなくていいので、役者たちもオファーがあれば積極的に出演したがる」(芸能記者)

 次の作品でも大物が主演を務めそうだ。 

参照元:https://dailynewsonline.jp/

田村真子アナ「ラヴィット」で評判だった衣装姿「アイドル級に可愛い」「圧倒的可愛さ」の声

 田村真子アナウンサー

 田村真子アナウンサー

 TBS・田村真子アナウンサー(26)が14日、インスタグラムを更新。「ラヴィット!」での衣装を紹介した。

 ストーリーズに投稿していた先週の衣装の中で、「みなさんから評判がよかった」という8月5日の衣装で、ブラウンベージュがポイントになった黒い5分袖ニットに、黒いハーフパンツというスタイル。「ちょっとかっこいい感じで私もお気に入りです!流行りのハーフパンツもレザー調だと少年になりすぎず大人可愛いですよね」とコメントした。

 この投稿には、元TBSアナの林みなほさんも「まさに、私もこれストーリーでみて、可愛い!と思った」と反応。フォロワーからも「このスタイリング、本当に素敵です!お似合いです」「本当にアイドル級に可愛い」「カッコ可愛い」「圧倒的可愛さ」「ほっそいなぁスタイル良すぎです」「足綺麗ですセクシーです」などの声が届いている。

 

 田村真子アナウンサーのインスタグラム@tamura_mako_より
 田村真子アナウンサーのインスタグラム@tamura_mako_より

参照元https://www.daily.co.jp/

山本舞香がコロナ感染 13日に喉の違和感と微熱で検査

 山本舞香

 女優・山本舞香(24)が14日、新型コロナウイルスに感染したことが分かった。所属事務所が発表した。

 13日に喉の違和感と微熱の症状があり、PCR検査を受け、陽性が確認された。

 

参照元https://www.daily.co.jp/

夏の定番TUBEの前田亘輝、現在は馬主に 条件のハードルは高く、かなりの富裕層?

前田亘輝の公式Twitterより https://twitter.com/TubeMaeChan
前田亘輝の公式Twitterより https://twitter.com/TubeMaeChan

 夏の定番ソングとして、今なお多くの人に支持されているTUBEの名曲の数々。TUBEといえば1990年代から2000年代前半に人気を博し、ボーカル前田亘輝の力強い歌声は、聞けば夏をイメージできるほど多くの人にとって印象的だ。前田は精力的にソロ活動もし、一時は音楽番組を中心に多くのテレビ番組にも出演。しかし最近はあまり姿を見かけない。前田は今、何をしているのだろうか。

 「前田さんといえば、飯島直子さんとの結婚が印象的でしょう。飯島さんが前田さんのファンだったことから交際に発展し互いに人気絶頂だった1997年に結婚。しかし約4年後の2001年に離婚しています。当時、離婚の原因は仕事をセーブして飯島さんが前田さんに尽くしていたにもかかわらず、前田さんの女遊びが結婚以降も収まらなかったことと言われていました。とはいえ、現在も連絡を取り合うほどの関係だそうです」(芸能記者)

 ​小室哲哉の元妻asamiの現在は? dosは自然消滅、秋元康らのプロジェクトにも参加していた​​​

 そんな前田、現在は音楽活動に加え意外な活動もしているようだ。

 「今でも大きな会場でTUBEとしてライブを行っており、テレビ露出は減ったものの人気は絶えません。また他にも前田さんは馬主となって複数の馬を所有しているんですよ。最初の所有馬のデビューは2009年で、これまでに何頭かの馬は好成績を収めています。2018年に浦和競馬場で行われた交流重賞オーバルスプリントでは、前田さんの所有する馬が優勝し、重賞初制覇を飾っています。ちなみに現在でも印税は4000万円ほどあるのではないかとうわさされていますが、馬主になるには継続的に得られる過去2年の所得が連続して1700万円以上で資産額が7500万円以上などの条件があるため、金銭面は常に潤っているということでしょう」(前出・同)

 一方で、過去にはこんな暗いうわさが流れたこともあった。

 「元俳優の高知東生さんや歌手のASKAさんの逮捕を受け、なぜか前田さんに薬物使用疑惑が上がったことがありました。ちなみに前田さんは週刊誌の直撃取材を受けキッパリと否定しています。

本人もなぜ自分の名前が出たのかと困惑していました。元暴力団関係者と交流があったとうわさされたこともありましたが、その際は自ら警察に出向き、警察に“自分は大丈夫か”と相談したそうです。そういった関係者と飲み屋で会ったことがあり心配になったそうですが、警察としては特に問題はないと判断したとのことです」(前出・同)

 自身のTwitterでは頸椎と腰椎の治療とリハビリを行って復帰しステージに戻ることになり「心より感謝!感謝!」とつづっている前田。まだまだパワフルな歌声を多くの人に届けてくれそうだ。

参照元:https://dailynewsonline.jp/