ステレッパツ

芸能 スポーツ その他

『深イイ話』ココリコ遠藤“大豪邸”公開で驚きの声「芸能界ってやっぱ凄い」

深イイ話』ココリコ遠藤“大豪邸”公開で驚きの声「芸能界ってやっぱ凄い」

お笑いコンビ『ココリコ』の遠藤章造が、6月14日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で自宅を公開。その豪邸ぶりがネット上で話題を集めている。

遠藤は「この子の有名人パパは誰?」という密着クイズに出演。番組進行の羽鳥慎一が、レポーター役として遠藤の自宅を訪れた。外観こそプライバシー配慮でボカシがかかっているものの、門から玄関までは長い上に幅もあり、いきなり〝いい家〟であることをうかがわせるものに。スタジオも「相当大物ですよ」と期待に胸を膨らませていく。

その玄関を開けると、羽鳥は「入った瞬間に疲れが取れる」といきなり驚愕する。それもそのはず、この家は玄関だけで9畳と、単身者のリビング並の広さを誇っていたのだ。シューズクローゼットには高級帽子や眼鏡などが大量に並べられ、そこから繋がったガレージには高級車のセンチュリーが。部屋には『NHK紅白歌合戦』出演時のトロフィーやYouTubeチャンネルの盾も飾られ、2階のリビングは20畳超の開放感が広がっていた。

「ココリコレベルでこんな家に」など驚き殺到

インテリアも、大きな観葉植物や壁かけの巨大テレビ、高級ソファなどが並び、スタジオからは羨ましさからため息も漏れていく。さらにはゲーム専用の広い部屋まで完備されており、ケタ違いの豪邸ぶりに、視聴者からも

《ガキ使以外で面白いと思った事ないけど良いレール乗ってるよな》
《ココリコレベルでこんな家に住めるなら、西川のりおとか桂文珍とかヤバそう 鉱山とか持ってそう》
《遠藤でこのレベルだから、ハマタは官邸みてぇな家で、別宅やホテルも何個か持ってるくらいだろうな》
《あんな凄い家住んでたんや。芸能界ってやっぱ凄いな》
《こんないい暮らししてることにビックリ》

といった声があがった。

あまり大御所や売れっ子のイメージはないが、それでもウハウハなようだ。

 

 

 参照元https://dailynewsonline.jp/

新恋人発覚の門脇麦に、戸田恵梨香との共通点? 共演者キラーにささやかれる噂

門脇麦
門脇麦

 女優の門脇麦が俳優の金子大地と交際中であることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じた。

 同誌によると、2人が知り合ったきっかけは、門脇が主演を務めた今春の舞台「パンドラの鐘」での共演。

 5月末には新幹線のホームで寄り添う2人の姿をキャッチ。その4日後、門脇が通い慣れた様子で近くのスーパーへ入ると、生鮮食品やトイレットペーパーを購入し、そのまま金子の自宅へ。さらに、その2日後には門脇が再び金子の自宅に入っていったという。

 「昨年の大河ドラマ麒麟がくる』でヒロインを演じた門脇。さすがに、大河の放送中は恋愛を自粛していたが、放送も終わったのでようやく解禁、というタイミングで金子と共演。もともと、イケメン好きなので、すぐにロックオンしてすでに自宅に入り浸る中になったようだ」(芸能記者)

 ​長谷川博己、不仲の女優も取り持ち大河ドラマ成功導く 大役終え鈴木京香と事実婚へ​​​

 門脇はすでに女優として実績があるが、金子は18年に放送され一大ブームとなったテレビ朝日系のドラマ「おっさんずラブ」でクセのある若手社員役を演じ話題になるなど、これからブレイクする可能性大。

 門脇といえば、元彼は今やすっかりブレイクした仲野太賀だけに、“逃がした魚”としてはかなり大きかったが、何やら、新恋人発覚もあの新婚女優と同じような匂いが漂い始めてしまった。

 「昨年12月、松坂桃李と電撃婚した戸田恵梨香です。戸田といえば、元彼の松山ケンイチ、綾野剛、成田凌ら、交際時は戸田の方が格上だったのに、元彼が破局後にことごとく出世してしまった。夫となった松坂も仕事は絶好調。そういう星の元に生まれたのかもしれないが、門脇も破局後に仲野がブレイクし始めてしまった。門脇は性格の良さと高いプロ意識で現場では好評。せめて、金子は門脇と交際中にブレイクしてほしいもの」(門脇を知る映画関係者)

 今のところはるかに門脇が格上だが、門脇本人も金子のブレイクを望んでいるはずだ。

 

 

参照元https://dailynewsonline.jp/ 

「オカンがこれ見たら泣く」千原ジュニア、カラテカ矢部太郎からの“お兄さん”イラストに感激

千原ジュニア、カラテカ・矢部太郎
千原ジュニアカラテカ矢部太郎

 カラテカ矢部太郎が17日、都内で最新刊となる漫画『ぼくのお父さん』(新潮社)の刊行記念イベントを開催した。イベントには、親交の深い千原ジュニアがゲストとして駆けつけ、矢部とともにトークショーを行った。

 ​全ての画像を見る​​​

 絵本作家の父と幼少期の矢部との日常を、ほのぼのとしたタッチで描く本作について矢部は、漫画家活動を行う中、ジュニアから様々な励ましを得たエピソードを紹介しつつ、「この漫画はジュニアさんのおかげで描き上げられたんです」とジュニアに感謝の気持ちを述べ、「前作の時にも連載中にジュニアさんが読んでくれて感想をくださったんです」と感慨深げにコメント。

 ジュニアも矢部の漫画家活動について、「すごいところに行きはったなって。マジで素晴らしい。すごい」と改めてその活動を絶賛。「まず絵。この少ない線の数でこれだけ人のハートを掴むものを作れるのも画家として素晴らしい。奥行きがあって人のハートを掴む絵です。ネギ一本描いただけやのにめちゃくちゃうまいみたいな。(余計なものを省いた)引き算の極地のような絵」と感想を述べる。

 プライベートでも親交があり、ジュニアの天ぷらパーティに矢部が来た時のエピソードも紹介。「油が苦手で、せっかく作った衣を全部落として食べていた。あの頃から引き算やったんでしょうね」と笑いを取り、「この本読んでわかったんです。やっぱり品です。ご両親からもらったものなんでしょうね。みんなの中にいても目立つのは品があるから。吉本興業の芸人たちの中でさらにそれが引き立った」と矢部を持ち上げる。

 矢部はこの日、「僕のお兄さん」と題してジュニアと千原せいじの兄弟が描かれたイラストを持参し、ジュニアの前で披露したが、これにもジュニアは感激しきりで、「うちのオカンがこれ見たら泣くんちゃう。すごいわ」と大絶賛。矢部は「ジュニアさんはせいじさんのお話をする時すごく楽しそうな顔をしている。愛情が奥にあるんだろうなって。その距離感、気持ちが大事なんだろうなって。それを表現しました」と照れ臭そうに解説。これに対して、ジュニアは「次はぜひ(矢部の)お嫁さんを描いて欲しい」とリクエスト。「矢部家(の後継)が太郎ちゃんで終わるのはもったい無い」と話して、矢部の結婚にもエールを送っていた。

 

 

参照元https://dailynewsonline.jp/ 

川口春奈、二重アゴの笑顔写真に大反響「何顎でも可愛い」

インスタグラム:川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)より
インスタグラム:川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)より

 女優の川口春奈(26)が13日、自身のインスタグラムを更新した。

 川口といえば先日、「【川口春奈】すっぴんからメイク完成」と題したYouTubeチャンネルを更新。すっぴんからフルメイクまでの姿を1分にまとめた動画は好評だったばかり。

 そんな川口はこの日、「まるちゃんが撮ってくれた私の顔、、、二重顎ですねはい。りぃーちゃんと過ごせる時間もあとわずか。嫌だよ。うちの子にならないかい?」とつづり、撮影時のオフショットを投稿した。

 大口を開け、顎が二重顎になるほどの大爆笑写真にネット上からは「めっちゃいい写真!自然体が素敵!」「その笑顔が最っ高!」「素が出てていいです!」「何顎でも可愛いです!」などのコメントが寄せられている。

 人気女優が二重顎写真を公開するという前代未聞の大盤振る舞いに川口の人気は高まる一方だ。

 

 

参照元https://dailynewsonline.jp/ 

松本人志“コア視聴率”の重要性を説くも「言い訳?」「なんかダサい」

ダウンタウン』の松本人志が6月15日、自身のツイッターを更新。ネット記事に憤慨し「これぞ勉強不足」と吠え、ネット上ではさまざまな声があがっている。

松本は8日に放送された『千鳥の相席食堂ゴールデンSP』(テレビ朝日系)の世帯視聴率が5.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったと報じたスポーツ紙の記事を引用。《これぞ勉強不足のバカライター。コア視聴率はしっかりとってる。じゃないと第二弾あるわけない》とツイートし、怒りをにじませた。

これぞ勉強不足のバカライター。
コア視聴率はしっかりとってる。
じゃないと第二弾あるわけない。 https://t.co/6a9mBZYWqi

松本人志 (@matsu_bouzu) June 15, 2021

https://platform.twitter.com/widgets.js

松本は14日にも《キングオブコントの会は内容的にも視聴率的にも大成功でした ネットニュースっていつまで〝世帯〟視聴率を記事にするんやろう? その指標あんま関係ないねんけど。。。》と自身が出演した番組の視聴率に言及。続けて《コア視聴率が良かったんです。コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです。そのコア視聴率が3時間横並びでトップやんたんです。だから。低視聴率みたいなミスリードは番組を観てくれた皆さん。後輩達に申し訳ない気がします》(原文ママ)と強調していた。

1番の原因は“視聴率基準”のあいまいさ?

「コア視聴率というのは、あらかじめテレビ局が定めた視聴者層が、どのくらい番組を見ていたかという指標です。TBSは〝ファミリーコア〟 で4歳から49歳ですが、日本テレビとフジテレビは13歳から49歳までと局によって基準が異なります。しかし、『相席食堂』を放送したテレビ朝日は視聴者が高齢化する中で、〝世帯視聴率〟を狙った編成を組み、『相棒』『ドクターX』『科捜研の女』などの連続ドラマで高齢者層を獲得しました。そのため、一見絶好調のように見えるのですが、一方で、広告主が最も重視する13歳から49歳までの個人視聴率をみると、後ろにテレビ東京がいるだけという、事実上の〝最下位〟状態です」(業界関係者)

松本の発言に対し、ネット上では

《言いたいことはわかるけど、視聴率を気にするのって1番はスポンサーでは? やはりスポンサーはCMを見てもらえる可能性の高いリアルタイム視聴率を重要視すると思う》
《視聴率低い言い訳? 若者はテレビ見ないもんね》
《低かった時だけ言及するのはなんかダサいよね》
《スポンサーがいて番組が成り立つからじゃない? まっちゃんが自腹で番組作れば良いと思うよ》
《松本さんがお笑いを大切に思ってるのは伝わるんですが、逆に興味が無い世界の事は酷評したりチャカしたりする事も多いです。身内の擁護に偏ると言われる事も増えてますね》
《視聴率がいい時は大騒ぎして、悪い時だけコア視聴率が~と言われても》
《じゃあ何を指標に番組作りするの? スポンサーも視聴率見てお金出すんでしょ》

などと、さまざまな声が寄せられている。

そもそも最近は、リアルタイムで番組を視聴している人が減少し、録画オンリーという人も多い。また、松本のいうコア視聴率は、まだまだ一般視聴者に浸透しておらず、記事を書いた記者を責めるのは筋違いといえるだろう。

 

 

参照元https://dailynewsonline.jp/ 

千葉雄大「いいね!光源氏くん」破壊力抜群の三つ編み姿に視聴者も仰天

千葉雄大「いいね!光源氏くん」破壊力抜群の三つ編み姿に視聴者も仰天

 昨年放送され、人気を博したドラマ「いいね!光源氏くん」(NHK)の続編「いいね!光源氏くん し~ずん2」が6月7日にスタートした。

 前作の最終回でもとの世界に戻った光(千葉雄大)が、再び現代にジャンプして沙織(伊藤沙莉)のもとに舞い戻ってくる。しかも今作では、「源氏物語」で光が愛でている紫の上までもが現代に来ているという疑惑が浮上。アメリカ帰りの沙織の同僚が沙織に猛アプローチするなど、今回もこじらせキャラ満載だ。

 6月14日放送の第2話では、衝撃的なシーンが公開され、SNSで大盛り上がりを見せている。

「光は中将(桐山漣)の紹介で、初めて美容院へ。そこで初シャンプーの心地よさに感激。ヘアセットを待つ沙織のもとへ『さっおりっどの』と言って現れたのは、なんとロングヘアの三つ編みにした光。得意げに三つ編みを撫で回す光に、沙織は苦笑いを浮かべて『(髪型)変えたら?』と言い放つのです。この衝撃的な三つ編みが、ネット上で話題となっています」(芸能ライター)

 しかし、千葉がドラマで三つ編みを披露したのは今回が初めてではなかった。

「2015年に出演した『赤と黒のゲキジョー 瀬在丸紅子の事件簿~黒猫の三角~』(フジテレビ系)では、大学院生・小鳥遊練無役として出演。小鳥遊は女性的な性格の持ち主で、男性でありながら女装癖があるキャラクター。頭にリボンをつけ三つ編みで登場しています」(前出・芸能ライター)

 当時を知る視聴者からは「前髪を出したら『黒猫の三角』の小鳥遊と思ったのは私だけではないはず」「三つ編みといったら練無ちゃんもだね」という声も浮上した。

 お茶目な三つ編み姿が大注目の千葉。ドラマの視聴率の鍵は、光の髪形にあり?

 

参照元https://dailynewsonline.jp/ 

川口春奈のメンタル崩壊!『着飾る恋』スパルタ彼氏に女子激怒「最悪!」

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

6月15日に、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第9話が放送された。主人公がメンタルを破壊される様子に、ネット上では非難の声が続出している。

同作の主人公は、インテリアメーカーの広報として働く〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)。SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向井理)に想いを寄せていたが、葉山が突然、社長職を退任して失踪。そして、真柴はひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。超マイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)と暮らすことになった。

第9話では、真柴がインスタに投稿したバッグのデザイナーに、盗作の疑いがある事件が発生。すると盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめ、インフルエンサーとしての活動が脅かされることに。

真柴はすっかり元気を失っていたが、ここで彼氏の藤野が真柴をキャンプデートに誘う。そして藤野は、自分に北海道で店を任せたいというスポンサーが現れたことを真柴に打ち明ける。真柴は「私も一緒に行きたい」と、今の仕事をやめて北海道に行くと言い出し、「私さ、北海道、札幌しか行ったことないから、何かもっとゆっくりさ、温泉行ったり、ドライブしたり、スキーとかもやりたい」と現実逃避気味に言葉を続けた。

これに藤野は「今、仕事がつらいからって逃げるな。ちゃんと現実と向き合った方がいいと思う」と、突然のスパルタを発揮。真柴は「何でそんなこと言うの?」と怒って、キャンプ場から1人で帰ってしまうのだった。

ウザさを顔面ですべてかき消す横浜流星

厳しい言葉はもちろん藤野なりの愛だっただろうが、視聴者からは批判が殺到。

《駿って自分はずっと仕事から逃げて来たのに、真柴には当たりキツイな》
《なに、自分がちょっと仕事し始めたら、説教し始めるの?》
《こういう彼氏最悪!》
《ちょっとー、辛い時の追い討ちやめてくれ》
《常に意識高くいなきゃダメなの? 別れろ別れろ》
《人間関係キツい時にこれ言われたらマジでしんどいわ。私も限界きてた時あるからわかる》

など、女性たちが怒りを爆発させているようだ。

視聴者から「顔面しか取り柄がない」と言われ続けている藤野。最終回を前にしても、相変わらずの残念ぶりを発揮しているようだ。

 

 

参照元https://dailynewsonline.jp/